LGBTsで同性婚は認められつつあるけれど。

この記事は約 3 分で読めます。

台湾で同性婚が法的に認められるというニュースが流れました。

日本でも、一部の都市で同性婚を認定するような取り組みが始まってはいるのですが、同性婚が普通に法律に入ってきたとするとLGBTsの中のLとGさんはどうなってしまうんだろうって話です。

つまり、同性愛の人は活動の必要性がなくなるので、BTsさんだけ残るってことになります。

アセクシャルについては、とりあえず、まずは存在を知ってもらうことが先かなって思っていて、このブログを書いているわけなのですが、その先にあるものっていうのが自分にはまだわからない状態です。

昔は、日本は戦争をやっていましたから、人口を増やせーってことで、お見合いしてでも、とにかく結婚を増やして、子供産んでくれーってことでしたけど、現在はもちろん結婚は自由化されています。

で、男性未婚率上昇が、っていうニュースがありました。

最後に書かれているように、この数字が自然な流れなのかもしれないですし、でも、孤独死増やしちゃうと寂しいし、高齢者のセーフティネット的なところはまだ弱いよなって感じるわけです。

いつかのエントリでも書いたのですが、アセクシャルで結婚したい方って結構いらっしゃって、親に言われることが多いのだそうです。

特に女性は年代が早まる傾向があるのですが、男性も女性も賃金が低すぎるので、子育てまではできないから結婚はやめとこうってなりがちなのですよね。

それにはブラック企業の存在とか、教師がいくら残業しても賃金変わらないとか、この辺りの問題をクリアしていかないといけないのですが、ジブリにしても世界に「賃金安すぎる」って報道されてしまいましたしね。

結局はお金なんでしょうけど、どこから手をつけたらいいのかなかなか難しいところですね。

あおい

LGBTのアセクシャル(恋愛感情を大人になっても感じない人)、Xジェンダーを自認しています。
心の中に「幼少期の女の子」が宿っているらしいです。でも、身体の性別は違いますし、今では年齢こそ離れていく一方なので、どこに行っても周りに溶け込めない葛藤があります。

それで、この身体でも、一緒に楽しいことができる仲間が欲しくて、その手段・方法を模索しています。

趣味は色々です。着ぐるみさんを眺めていたり、裁縫や工作したりですね。 ⇒もっと詳しく



記事がためになりましたら、投げ銭(ご寄付)をお願いします。
ご寄付は、「着ぐるみキャラクター制作費」や「活動費」に使わせて頂きます。
現在、時価換算で40,936円のご寄付を頂いております。
目標額を500,000円としております。よろしくお願いします。

Line Payのポイントでご寄付
無料取得のモナコインでご寄付
モナコインアドレス:
MTb1meNetNMucrgfEekXjYWToucFAwgZJD
ご寄付全般について

フォローする