巾着袋を作りました。

この記事は約 5 分で読めます。

構想から、製作完了まで3日でした。(早

中学校の時からずっと使っている巾着袋があるのです。

布地が両面2枚で、真ん中に軽めに綿が入っていて、

X線状に縫ってあるので、結構耐久性があるのです。

もともとはメガネケースを入れるための袋として

ずっと愛用してきたのですが、今となっては、

白黒の格子状の布地ってこともあって、

通帳や印鑑をしまう、大事な物入れと化しているのです。

銀行行くときはいつも持ち歩いているものでした。

さすがにそろそろボロボロになってきたので、

風水的にもよくないなーと思いまして、

こういうしっかりした布地の巾着袋を

ちょくちょく探したりはするのですが、

なかなか見つけられなくて、ようやく見つけたのが、

コミケ会場で、某キャラのプリントされた巾着袋だったりします。

でも、布地がしっかりしてないので、まだ探してたのですよね~。でも、ずっとなくて。。

■製品が見つからないので自力で作りました

で、仕方がないよなーって思って、

重い腰を上げて、自分で布地から作るかーってことにしました←

買ったのは表が黒、裏が白の布です。

いいものがみつかりました。

あと、マイメロ柄も見つけたのですが、これ欲しかったけどまた今度ですね^^

img_4931
img_4931

右上が買った布、右下が既存巾着袋から想像して書いた超適当な展開図。

左の白いのが裁断後に半分に折って、まち針したところ、

左の黒いのはヒモです。

実は、完成品の状態から展開図を起こすって事をしたは初めてだったのですが、

すっごい頭をひねって悩みました。

もうこれだけで大変でした。

あとは、どういう折順でやるといいのかとか、

とりあえず、1ラインだけ縫ってしまってから気づいたのですが、

中に綿が入っている布地なので、端っこがどんどんぼそぼそになっていくのですよね..

今まで使ってた巾着袋は、どうもロックミシンで縫っていたらしく、

綺麗に処理がしてありました。

うちにはそんな設備もなく..。

あるのは、40年前に買ったと思われる親のミシンと、自分の手縫いぐらいです。

端から2mmぐらいの線で縫っていけばなんとかなりそうだって思っていたのですが、

で、母にちらっと話したら、「バイアステープ」の存在を知りました。

要は、端っこをこのテープで包めて、縫ってしまって、ほつれを防止するためのものです。

この部分も手縫いでよかったのですが、母がミシンでやってくれるとのことだったので、

(とりあえず何かしたかったらしい)ここだけお任せして。。

あとは、手縫いでちくちくちくちくと縫っておりました。

途中で、折る線を間違えて、1回やり直しになってしまったので、

その時に集中が切れて寝込んでしまいましたね。

img_4934
img_4934

で、完成したのがこちら。

ヒモ通しなんて、すっごい久々にやるけれど、道具はきっとこれだよなーって思いながら

無理矢理穴にヒモ通してたら終わりました。

でも、ヒモの太さが購入失敗しちゃったのですよね~。

前よりも太いヒモになりました。

だからすごい頑丈です^^

とりあえず自作なので、

少しずつ試しながら使っていこうと思います。

あおい

LGBTのアセクシャル(恋愛感情を大人になっても感じない人)、Xジェンダーを自認しています。
心の中に「幼少期の女の子」が宿っているらしいです。でも、身体の性別は違いますし、今では年齢こそ離れていく一方なので、どこに行っても周りに溶け込めない葛藤があります。

それで、この身体でも、一緒に楽しいことができる仲間が欲しくて、その手段・方法を模索しています。

趣味は色々です。着ぐるみさんを眺めていたり、裁縫や工作したりですね。 ⇒もっと詳しく



記事がためになりましたら、投げ銭(ご寄付)をお願いします。
ご寄付は、「着ぐるみキャラクター制作費」や「活動費」に使わせて頂きます。
現在、時価換算で40,936円のご寄付を頂いております。
目標額を500,000円としております。よろしくお願いします。

Line Payのポイントでご寄付
無料取得のモナコインでご寄付
モナコインアドレス:
MTb1meNetNMucrgfEekXjYWToucFAwgZJD
ご寄付全般について

フォローする